円重の家

くつろぎの時間をより豊かに。空間の使い方を分けたお家

リビングなどのリラックススペースと、

家事や収納などのユーティリティスペースとを分けた「円重の家」。

鞄をしまったり、洗濯物を取り込んだり、

食材をしまうといった家事を効率よく動けるようにまとめました。

お部屋の用途をしっかり分けることで、生活感がお家全体に散らばらず、すっきりと暮らせます。

有効にスペースを配置することで、空間にゆとりが生まれ、

ご家族みんなでゆったりと過ごせるお家になりました。

種別
木造二階建て
場所
滋賀県栗東市
敷地面積
177.92㎡(53.82坪)
建築面積
76.39㎡(23.10坪)
延べ床面積
109.52㎡(33.12坪)
家族構成
ご夫婦+お子さま2人


板張り傾斜天井のリビング、ダイニング。明るくすっきりと片付くリラックススペースに。

広々とした玄関土間。リビングへとそのまま行ける入口と、キッチンへとつながる入口の二方向動線に。お買い物からそのままキッチンへ荷物が運べて便利です。

キッチンには、大容量の造作食器棚を製作しました。

小上がりになった畳スペースのカウンターデスクと、リビングのTVボードをひとつながりにし、すっきりとまとまりのあるデザインに。

掘り込みなったカウンターデスクの上部には、本がしまえる造作本棚を。お子様が勉強をしている様子を側で見守れます。

洗面や浴室へ向かう途中に普段使いの服や鞄をしまう家族のクロ―ゼットを設けました。 サンルームで干した洗濯物をしまうのも簡単です。

片流れを二つ合わせたすっきりとした外観に。シンボルツリーにアオダモを植え、足元には自然石と季節によって表情の変わる草花を。

道路からは見えない位置に、自転車置けるスペースを設けました。