西出の家

高さの変化が居心地のよさを生むお家

玄関から階段を降りると、心地良い開放感に包まれる「西出の家」。

もともと高低差のある土地形状を生かし、

玄関よりLDKの位置を低く、天井高を確保することで、

平屋のような外観からは想像できない広がりのある空間に。

ケヤキの一枚板テーブルに合わせ、

木質感が引き立つお家になるよう整えていきました。

玄関やリビング、畳間からも楽しめる中庭や、

プライベートな空間ときちんと分けられたLDKは、

訪れた方も居心地のよさを感じて過ごせるお家になりました。

種別
木造二階建て
場所
滋賀県湖南市
敷地面積
380.16㎡(115坪)
建築面積
92.22㎡(27.89坪)
延べ床面積
105.80㎡(32坪)
家族構成
ご夫婦


窓辺のカウンターデスクやテレビボード、カップボードや全館冷暖房機のカバーなど、造り付けの家具を多く製作することで、空間全体に統一感を出しました。

玄関を入り、3段下がったところがリビングスペース。土地の高低差を活かしたスキップフロアで緩やかに繋がる住まいに。

玄関からLDKへ広がりのある立体的な空間に。チークの無垢フローリングの床に白に近い生成りの壁、勾配天井には意匠梁を。

アオダモ 、モミジ 、ハクサンボク 、ハナイカダ 、ナンテン、マホニアコンフーサなどの木々が楽しめる坪庭。スタディ―カウンターに座ると、温かな光と緑が心地よい。

畳スペースの小窓から、坪庭の木々を愉しむことができます。ロールカーテンを閉めれば、来客時にも対応できます。

開放的なオープンキッチンにアイアンフレームのリビング階段、ケヤキの一枚板で製作したテーブルに合わせて全体をまとめています。

大きな鏡に広いカウンター、洗濯カゴが置けるよう足元はオープンに。造作洗面化粧台とランドリーコーナーを備えた明るい洗面スペース

造り付けのワークデスクを備えた夫婦の寝室。パーテーションの奥はウォークインクロゼットです。