赤坂の家

滋賀県の近江富士と呼ばれる三上山を望む、小さな図書室のあるお家

緑が揺れるリビングテラスで、日向ぼっこをしながらのんびり過ごせる「赤坂(あかさか)の家」。

キッチン収納や洗面台、本棚、デスクなど、木の製作家具でやわらかくまとまりのある空間に。

玄関、洗面、LDKへとくるりと回れる家事動線の良さにもこだわりました。

階段をのぼると、たくさんの本が並ぶ家族の図書室が。

滋賀県の近江富士と呼ばれる三上山を望みながら、読書が楽しめる憩いのスぺ―スです。

明るく、やさしい雰囲気に包まれたお家になりました。

種別
木造二階建て
場所
滋賀県栗東市
敷地面積
81.97㎡(24.8坪)
建築面積
61.82㎡(18.7坪)
延べ床面積
115.12㎡(34.82坪)
家族構成
ご夫婦+お子さま1人


大きな窓から優しい光が入るリビングに。本や小物をしまったり、お気に入りの雑貨を飾ったりもできる棚を製作しました。製作棚は、床に置く家具よりも空間が広く使えます。

玄関には、ちょっと荷物を置いたり、ブーツやひも靴をはくときに便利なベンチを。また、正面にニッチを設け、季節によって装飾を変えて楽しめるようにしました。

パントリーや冷蔵庫は、リビングから見えにくい位置に。収納量も十分あり、使い勝手のよいキッチン周りに。

窓の高さに合わせてキッチンファニチャーを製作しました。また、ちょっと作業ができるデスクスペースもひとつながりにし、すっきりと。

リビングからそのままつながるリビングテラスは、日向ぼっこをしたり、ほっと一息つける場所に。お庭の木々や、リビングテラスで遊ぶお子様の様子が見守れます。

洗面室は洗濯スペースもしっかり設けました。壁を抜いて棚を設け、窓からの光を遮らないようにと考えました。 キッチンへつながる出入り口で家事動線もスムーズです。

二階に上がると、みんなで使える図書室兼書斎が。家族の気配が感じられるよう、あまり各部屋を仕切らず回遊できるつくりに。将来壁を作って部屋を区切ることもできるようにしています。

図書室兼書斎からは、四季折々の三上山が見えるよう、窓の配置を考えました。

アースカラーと板張りでやさしい雰囲気の外観に。 シンプルで安定感のあるバランスのとれたデザインに。