お家を育てること

住宅の工事はお引渡しさせていただく日に向かって、どんどん完成に近づいていきます。けれど、お住いになる家族にとっては、お引渡しは最初です。その日から新しいお家との付き合いが始まります。

先日、以前にお引き渡し、その後注文住宅の取材をさせて頂いた「寺ノ前の家」にお伺いしてきました。お住まいになられてから2ヶ月程ですが、お好みのダイニングテーブルと椅子が新たに置かれていました。お家の雰囲気に合わせてご購入されたというその家具も、お引き渡し時にはなかったすてきな空間を作っていました。

私たちがご提案させていただくのは、あくまでお家という箱です。
もちろん、家具等のご提案もさせていただいておりますが、実際にはお住まいになられてから、その家族の色にお家は少しずつ変化していくのだなぁと実感しました。

お家をその家族のスタイルに合わせて、育てていくこと、そうすることによって本当にそれぞれのための、世界にたった一つのお家が完成するのかもしれません。

今回、取材させて頂きました「寺ノ前の家」は「京都滋賀の注文住宅 冬春号」に掲載されております。ぜひ、ご覧くださいませ。
また、滋賀のフリーマガジン「GOGUY!」にもiKKAオープンハウスのお知らせを掲載しております。こちらもぜひ、ご覧ください。

ふじい

【寺ノ前の家について】
iKKA 施工例「寺ノ前の家」

「経田の家」オープンハウスは終了いたしました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。


iKKAでは2月2日(土)・3日(日)に守山市にてオープンハウスを予定しております。
この機会にぜひ、iKKAのお家づくりを感じてみてください。

「経田の家」OPENHOUSEのお知らせ

ずっといい家。【 iKKA 】