梅雨明けに!網戸のお掃除方法をおさらいしてみましょう!

こんにちは。iKKAの松野です。
雨が降り続く季節、みなさまはどのようなお家時間をお過ごしでしょうか?
お家にいる時間が長いため、お家周りを快適に整えたり、お掃除に励む方も多いのではないでしょうか。

梅雨の間に、雨や跳ね返りの泥で汚れてしまいがちなのが、「網戸」です。さまざまな汚れが混じり、汚れをそのままにしておくとニオイがしたり、カビてしまうことも。。
そこで、網戸のお掃除方法をおさらいしてみようと思います!
梅雨が明けたら、網戸のお掃除をしてみてはいかがでしょうか。


1.用意するもの

◯スポンジ
◯中性洗剤または重曹(汚れがひどいとき)
◯ぞうきん(水拭き用とから拭き用)
◯バケツ
◯室内の汚れ防止のための新聞紙やシート

基本的にはこれらの準備でOKです。

埃や土がたくさんついていて、拭き掃除前に埃を落としたいとき
◯ストッキング
◯掃除機

2.網戸の種類を確認する

iKKAでよく設置させていただいているものとしては、
「固定式網戸」「横引きロール網戸」「可動式網戸」「オープンウィン用網戸」などがあります。
窓によって、設置されている網戸はさまざまです。網戸自体を取り外せるものと外せないものがあり、外し方は取扱い説明書を参考に、ゆっくり行ってくださいね。

3.空拭きをする場合

ストッキングを使用する場合は、静電気を利用して埃をとるので網戸が濡れていない状態で。また、汚れの飛び散り防止のため、室内にはシートなどをしいておくほうが良いですよ。
掃除機を使う場合は、網戸の反対側を新聞紙や段ボールなどで覆うと、吸引力が増すので埃がとれやすくなります。こちらも、網戸が乾いた状態で行ってください。

4.水ぶきをする

あまり汚れがひどくない場合は、スポンジやぞうきんを濡らして、上から下へ優しく網戸の汚れをとっていきます。
汚れがひどい場合は、中性洗剤を水で薄めたものをスポンジやぞうきんにつけて、拭いてください。
また、重曹水を作る場合は、ぬるま湯200mlに対して重曹小さじ1杯程度をいれ、よく溶かしてから使用してくださいね。
重曹水は、霧吹きに入れ、網戸全体にふきかけて、しばらく置いてから拭き上げると汚れ落ちが良くなります。
汚れがきれいになるまで、表面と裏面を何度か繰り返し拭き上げます。
表面と裏面を同時に拭くと網戸への負荷がかかりにくいので、お子さまにお手伝いしてもらいながら楽しく出来るかもしれません。

5.から拭きをする

汚れがきれいになったら、から拭きで仕上げます。濡れたままにしておくより、埃がつきにくくなります。

また、ひどくカビが生えてしまっている場合、できるだけカビ取り剤などの強アルカリ性のものは使用を避けてください。というのも、色落ちや金属へのサビの原因になってしまうこともあるからです。
カビはアルコールスプレーや、弱アルカリ性のもので落とすことをおすすめします。




いかがでしたでしょうか?
網戸は、できれば半年に一度はお掃除してあげるといいですよ。あまり汚れがひどくない場合は、床用の濡れワイパーで拭く方法もあります。
これだと簡単にお掃除できますね。ぜひやってみてください!

わたしたちは、お家を建てた後も、住まい手と何十年も続く関係でありつづけたいと思っています。iKKAでは、ご自身で出来るお家のお手入れ方法をレクチャーしたり、気になる箇所ややりたい事があればご相談にのったりと、お引渡し後のアフターサポートもしっかりさせていただきます。

お家を建てる前に寄せられる心配事で多いなと感じることは、無垢床のお手入れについてです。
みなさんが思っているより簡単で、普段のお掃除と大きく変わることなく付き合っていけるんですよ!傷がついたり、汚れてしまってもメンテナンスできれいに出来るのが無垢床のいいところです。
具体的な無垢床のお手入れ方法についてはこちらでご紹介しています。ぜひ見てみてくださいね。

無垢床(無垢フローリング)の簡単お手入れ方法!>>

お引渡しの前にもレクチャーさせていただきますので、ご安心くださいね。

また、お引渡し後、1年、3年、5年、10年、15年のタイミングでお家の「定期点検」に伺っています。長く住み続けられるよう、必要な時期に必要なメンテナンスを行うため、床下などの痛みが分かりにくい箇所のチェックをプロの目で行う機会を設けています。

定期点検やアフターメンテナンスなど、「iKKAのお家づくり」ついてもっと詳しく聞いてみたい!と思われた方は、ご連絡くださいね。

「iKKAのお家づくり」について聞いてみたい方はこちら>>