窓を通して感じるお家の心地良さと設計の考え方

こんにちは、iKKAの髙橋です。

今回は「窓を通して感じるお家の心地良さと設計の考え方」

についてお話したいと思います。

お家で心地良さを感じる要素として「窓」はとても重要だと思います。

窓は室内と外との繋がりをつくり

景色を室内に取り込むことで空間の広がりを与えてくれます。

私たちはお家の設計を進める際には必ず

土地の周辺環境等を見て、どの位置に開口部を計画するのか検討します。

それでは、どのように考えているかを少しご紹介させていただきます。



①心地良い方向を探る

景色の良いところなど心地よいと感じる方向を探って

景色を取り入れるための窓を設けます。

室内からも窓越しに四季が愉しめたり

窓を設けることで室内と景色が繋がり、空間の広がりが生まれます。

室内に居ながら景色を愉しめ、広がりを感じれると心地良いですね。
②廊下などの突き当りを意識する

例えば廊下など、壁で囲まれた空間には、目線の先に窓を設けることで

視線が抜け奥行き感が生まれます。

壁で仕切られた息苦しさを軽減させることができ、心地良さが生まれます。
③縦方向の繋がりを意識する

例えば階段では、上階から光が差すように窓を設けることで

空間がその階で終わるのではなく

光で立体的にその先の続きをつくることができます。

高さによる広がりを感じることで閉鎖感が軽減されて、心地良さが生まれます。
このように1つ1つの窓の役割やそれぞれの配置を考えることが「お家の心地良さ」に繋がります。

見学会に来られた際には、窓にも注目してみて下さいね。