自然からお家づくりの基本を学ぶ

こんにちは、iKKAの小林です。

とうとう冬がやってきますね。
先日、
今シーズン最後になるであろう
キャンプに行ってきました。
心地よい風。
川のせせらぎ。
太陽の温もり。
夜空を照らす幻想的な月明かり。
キャンプをすると
五感が刺激され、
生きている実感がします。

それと同時に
日々の生活では気付かずに見過ごしてしまっている
自然のもつ力のすごさを
改めて感じさせられます。

気持ち良く吹いていた風が
急に強くなり、大きく揺らされるテント。
いつもであればお家の中にいて、
全く気にならない風の些細な変化に
ものすごく敏感になります。

逆に考えると
風の力に対してお家が常日頃、
耐えていてくれていることを感じさせられます。

お家を設計するときには
地域ごとに定められた風速をもとに
お家を建てる場所の特性に合わせて
計算を行ないます。

滋賀県であれば
10分間に吹く平均風速を
32~34m/秒とすることが定められており、

その計算結果から
耐力壁の配置を検討していきます。
お家づくりというと
建物の外観であったり、
インテリアに目が行きがちですが、

まずは
お家の基本となる「構造」を
しっかり考えていく必要があります。

「地震」について考えることはもちろん、
近年では台風も頻発していることから
「風」のこともしっかりと考えた上で
安心したお家づくりをしていきます。