玄関アプローチの仕上がりは、現地調査で決まる!

こんにちは、監督の坂田です。

9月に入りました。

まだまだ日中は夏日が続きますが

朝晩は涼しくなってきましたね。

季節が少しづつ秋に近づいているのが

肌で感じられるようになってきました。
さて

今日は「円重の家」の外構工事(玄関アプローチ)についてお話ししたいと思います。


「円重の家」は、もともと道路と敷地に高低差があり、

敷地の奥行きを考えると玄関アプローチのところでしっかりとその高低差をふまえて高さ関係を解消

する必要がありました。
先日、その仕上がりを確認したところ、

高低差を含めて考えていた外構と家の高さが、計画通りきれいに仕上がっていて、

とくにアプローチの高さがきれいに完成していたのでホッとしました。

アプローチは蹴込み部分に「ヌスミ」と言われる

スリットを入れ、少し浮いて見えるように作りました。

カッコよく仕上がったと思います。


建物の高さの設定はなかなか難しく、基礎の残土、配管、水勾配、外構の仕上がりを考えて高さを決

めていくので、

改めて現地調査をしっかり行うことは大切だなと感じました。



今回の経験をふまえて、


今後も現地調査をしっかりと行って


お家づくりをしていきたいと思います。