よいものをつくって、きちんと手入れをして長く使う

こんにちは、iKKAの髙橋です。
木々の緑が深まり、夏の訪れを感じます。
家で育てているゴーヤもぐんぐんとツルが伸びて
「もう夏の準備は万端ですよ!」と お知らせしてくれているようです。

お知らせと言えば、最近「建築士定期講習の案内」が届き、講習へ行ってきました。

建築士定期講習とは、建築士事務所に所属する建築士に対して受講が義務付けられた講習です。
建築士定期講習がなぜあるのかと言いますと、省エネルギーやバリアフリー化など
環境問題や社会問題に対応するための制度改良や技術革新の習得の為に設けられています。

最後に終了考査という試験があり、この試験に合格しないと修了証は発行されず
受かるまで講習を受け続けなくてはなりません。

この定期講習を受講していると、これからの時代
建築士に求められているものは何かがしっかりと伝わってきます。

その中で特に気になった言葉が「ストック」という言葉です。
「よいものをつくって、きちんと手入れをして、長く使う」という考え方のことで
より良く、より長く住まえる家を造っていこうということが提唱されています。
その為、長期優良住宅などの制度がつくられ推進されています。
住まわれる方の生活スタイルが変わった時にいかに負担なく過ごしてもらえるか
リフォームや手入れのしやすい家なのか
時代と共にますます多様化、高度化する要望に応え、その価値を維持していく
という考えが建築士として重要になってくると感じました。
更には、その生活スタイルの中で単に維持を考えるだけでなく、心地よさも考える。
住まれる方が大切にされている部分をきちんと引き出せるようなお家づくりが
大切だと思います。

要望や維持管理・環境など全てのバランスを整えることが私達設計に求められていることだと、定期講習を受けて改めて感じました。

変化する社会と共に、設計者の私達も進化をしていけたらと思います。



「円重の家」オープンハウス 





滋賀県栗東市にて、OPEN HOUSEを行います。お施主さまの思いの詰まった、たったひとつのお家です。ぜひご体感ください。※写真は別のお家です⠀


■ 日時⠀⠀⠀
2019年8月24日(土)・25日(日)
AM 10:00~PM 6:00 / 雨天決行

■ 場所⠀⠀⠀
滋賀県栗東市

■ ご予約・お問い合わせ(予約制)
事前のご予約を承っております。⠀
Contactページ、メール、お電話にてお申込みください。


TEL : 0120-41-2755(フリーダイヤル)
E-mail : ikka@daikohome.jp


■「円重の家」オープンハウス詳しくはこちらのページへどうぞ>>