こだわりのアイアンと木の階段

こんにちは、監督の坂田です。

6月に入り、気温の方もどんどん高くなって、

日中の気温も30度を超える日が出てきましね。

熱中症にならないように体調管理には気をつけたいと思います。
さて、

先日、アイアン手摺の塗装の確認のため「池ノ坊の家」に行ってきました。

仕上がりを見ていると、

アイアン手摺は打合せ通りバッチリ納まっていました。

この階段は、アイアン(鉄)と木の組み合わせで、過去のお家でも使ったことのある組み合わせですが

今回は納まりが難しく、施工図面を書いて、大工さんと何度も打ち合わせして作っていきました。

いつもと違う点が2つありました。

それは、階段の上がり方(階段の形状)が特殊なことと蹴込板があることです。

普段の周り階段で壁がある面が今回は吹抜けで壁や柱がなかったことで、

階段のかけ方に随分悩みました。

また、アイアンと木の組み合わせの階段はストリップ階段のことが多いため

蹴込板があることで、その分の木の厚みや取付方法も考える必要がありました。

階段の形も特徴的なことに加えて、蹴込板があることで、施工図を書くにあたっての

寸法の取り方も難しく、何度も現場で寸法を図りながら考え図面化していきました。

大工さんが丁寧に仕上げてくれて、納め方にこだわったぶん、愛着が湧いてきて、

塗装がされ完成した姿を見ると嬉しくなりました。

検討を重ねた分、無事に納まって良かったです。




もう少しで引き渡しを迎えます。

残りの工事もしっかり納めて

お施主様に喜んでもらえるよう頑張りたいと思います。