永く使い続ける

こんにちは。iKKAの木村です。

「愛着がある。」
そんな存在になるには、そのものと向き合う時間、そのものに寄り添う時間が必要なように思います。永く使い続けているからこそ気付く、「あ、いいな」という感覚。

今回は、そんな存在になるであろう家具に出会ったお話をしたいと思います。

永い時間の中でいろんな人に大切に使われ、残ってきたものたち。
iKKAでも好きなスタッフが多い「ヴィンテージ家具」。

特に、北欧ヴィンテージ家具は、現在では希少となったローズウッド材や、チーク材が贅沢に使われており、永い年月と共に使われてきた独特の風合いが魅力です。
同じチーク材でも、当時のものは、オイルを塗っただけでとてもきれいな発色をしてくれるそうで、そんな深い色合いが私も大好きです。

先日、そんな魅力たっぷりの北欧ヴィンテージ家具を置かれている家具屋さん
「クローバースカイさん」
を訪ねてきました。場所は大阪。私はビューロ(ライティングビューロ)を探していて、なかなか「これだ!」となるものに出会えていなかったのですが、ホームページを見て、気になるものを発見!実物を見に行きたい!と思い、ショールームへお邪魔させて頂きました。伺って思ったのが、こちらの置かれている家具どれもが、中古品とは思えないほど上質なものばかり。一緒にいった家具大好きなiKKA高橋も、「このお店に早く出会いたかった」と連呼していました。

ライティングビューロは収納とデスクが一体になった家具で、書き物をする、メイクをする、収納する・・・といった何通りもの使い方が出来て実用的な家具です。北欧家具は、チェストやシェルフにも脚が付いていて、床暖房の熱対策という機能的意味合いもあるそうなのですが、やっぱり見た目の軽やかさが際立つデザインで魅力的な部分ですよね。

私が見させて頂いたのがこちら。
一見するとチェストですが、上部を展開すると
鏡と小さな引出が現れ、ドレッサーになるんです!
(写真お借りしました。)
個人的に今まで見たことのない意匠のビューロだったので、これは!!となりました。
なぜビューロを探していたかというと、こまごましていて見た目もバラバラになりがちだけれど毎日使うからすぐ使えるようにしておきたい存在の化粧品たち、でもドレッサーを置くのはたいそうだし・・・と困っていたので、何かいい方法はないかと考えていたところ、ビューロという機能的で意匠的にも優れたものがあるじゃないか!となり、せっかくならヴィンテージのものがいいなと思案していました。使い方が1つに限られないところがいいなと思っていたんです。

ショールームはiKKAの打合せスペースでも採用している「Y Chair」をデザインされたハンス・Jウェグナーをはじめとする、デンマークを代表する家具デザイナーの方々の椅子やテーブルを数多く取り揃えられていて、家具好きにはたまらない空間でした。
応対をして頂いた方がバイヤーさんで、ひとつひとつの家具との出会いから歴史から、時間が経つのも忘れるくらい沢山お話して下さいました。
気になっていたビューロも実物を見せていただき、大満足の時間を過ごすことが出来ました。

見せて頂いたビューロは特にデザイナーズ家具というわけではなかったのですが、「私たちが知らないだけかもしれないですよね」というバイヤーさんの言葉が印象的で、有名な方だからいい、のではなく、意匠的にも機能的にも洗練されているその物の持つ良さ、という価値観を感じられて、好きであることの意味がより深まった気がしています。

こんな風に、お気に入りの一点、愛着を感じられるものを探す時間も、永く使い続けられてきたものの一部になるような気がします。

みなさんにとって「愛着のあるもの」は何ですか?



「宇志丸の家」オープンハウス 





大津市にて、OPEN HOUSEを行います。お施主さまの思いの詰まった、たったひとつのお家です。ぜひご体感ください。※写真は別のお家です⠀


■ 日時⠀⠀⠀
2019年2月16日(土)・17日(日)
AM 10:00~PM 6:00 / 雨天決行

■ 場所⠀⠀⠀
滋賀県大津市

■ ご予約・お問い合わせ(予約制)
事前のご予約を承っております。⠀
Contactページメール、お電話にてお申込みください。


TEL : 0120-41-2755(フリーダイヤル)
E-mail : ikka@daikohome.jp


■「宇志丸の家」オープンハウス詳しくはこちらのページへどうぞ>>