お土地の購入を決めるまでに知っておきたい大切な3つのこと
こんにちは。
iKKA 寺本です。

前回は「お施主さまとのお土地探し」についてお話させていただきました。

良いお土地に出会えたら次は、お土地を購入するための売買契約に進んでいきます。

お土地の購入も、はじめての方がほとんどだと思いますので、
今回は、お土地の購入を決めるまでに知っておきたい大切な3つのことを
お話ししたいと思います。
 
写真は【池ノ坊の家】


①現地調査
お土地の購入を決めるために、もっとも大事なことが現地へ足を運ぶことです。

現地へ足を運ぶと、
・前面道路の幅員
・電柱とゴミ置き場の位置
・隣家との境界線
・敷地の高低差
・環境の変化
・光の入り方・風の流れ
などなど、お家を建てる上で大切なことがたくさん分かります。

他にも現地調査をすることで、そのお土地でお家を建てるまでに必要な諸費用を
考えることが出来ます。

 
②資金計画
お土地を購入する上で、お金のことは必ず考えないといけないことのひとつです。

実は、掲載されているお土地代金だけでは、お土地を購入出来ないことがほとんどなのです。
そのお土地を購入するためには、いったいどのくらいの費用が必要になるのか?
どのようなことに必要になるのか?など、
分かりにくい費用を目に見える形にする為に、資金計画を行うことが大切です。

たとえば、
・仲介手数料
・解体工事費
・上下水道、ガスの整備
・施設負担金
・境界ブロック工事費
などが、一般的に発生することが多い項目です。

iKKAでは、「お土地」と「お家づくり」を分けて考えるのではなく、
総予算として、お家づくりに関わる費用全体を一緒にすることで、
総予算を基準に予算配分を考えることをおすすめしています。

それぞれに必要な費用を確認し、総予算からひとつずつ引いていくことで
いつの間にか考えていた予算を超えていた、と言うことを防ぐことが出来ます。


③市区町村の役所への調査
最後に確認しておきたいことは、お家づくりをする上でクリアにしなければならない、
法律や条例の内容です。

・そもそもお家が建てられるお土地なのか?
・お家を建てられる大きさは?
・災害のリスクはどのくらいか?
などなど、お家を建てるには上記以外にもたくさんの法律・条例による制限があります。
最低限、お土地を購入する前には上記の項目は確認しておきましょう。


いかがでしたか?


今回はお土地の購入を決めるまでに知っておきたい大切なことをお話させていただきました。

現地調査を行い、敷地条件を見極め、
資金計画をして、予算をつかむ。
そして、役所で法律・条例の調査をする。

特別なことではありませんが、どれも大切なことです。
皆さまのお土地探し・お家づくりの参考になれば、うれしいです。

私たちiKKAでは、お土地探しやお家づくりの「お悩み相談会」を開催しております。

悩んでいること、不安や心配に思っていること、何でも大丈夫です。
みなさまのご相談をお待ちしております。
7月の開催日が決まりました!ご予約はこちらから。