広く見せる工夫を体験して
こんにちは、iKKAの髙橋です。

GWはいかがお過ごしでしょうか?

日常を離れゆっくりとした時間を楽しむのも良いかもしれませんね。

私も先日休息をしに、軽井沢ほしのやのコテージへ泊まりました。
コテージ自体の大きさは平屋で、間取りもコンパクトなので

2.3人で過ごすには少し狭いかな?と思っていましたが

実際のお部屋の印象は間取りに対して想像していたよりもとても広く感じ

心地が良かったです。

その理由としては、洗面、脱衣室、浴室、居間、寝室が壁で仕切られずに1つのつながった空間になっていて

置き家具で仕切る程度で空間を分けていたので、広がりのあるように感じたのだと思います。

脱衣室が家具だけの間仕切りだと心持たないと思いましたが

目線が通らないように家具でしっかり仕切られているので、思っていたより気になりませんでした。

また、居間と寝室との間が素材の異なる床材で、さらに小上がりになっているので

空間が切り替わった感じがして、空間にリズムが生まれより広く感じられたのだと思います。

このようにコンパクトな間取りでも広く見せる工夫は沢山あり

実際に体感することで、間取りを見るだけではわからない空間の良さを感じることができました。

空間に対して住まわれる方の暮らしがより豊かになる工夫を

これからも提案し続けていけたらと思います。