お引渡しを迎えて感じること
こんにちは。
伊勢村です。

寒さもゆるみ、あたたかい日差しがうれしい季節となってきましたね。
3月といえば、節目の季節。新しい一歩を踏み出す時。
そんな中、iKKAのお家も節目を迎えます。

「宇志丸の家」は、早いもので、地鎮祭を行ってから約6ヵ月。
先日、お引渡しを迎えることができました。

お引渡しの当日の気持ちは、複雑なものです。
長い時間をかけて、想いをこめた建物ですから寂しい気持ちもありますが、
お施主様の笑顔をみると嬉しくなります。

お引渡しの際の笑顔は、とても貴重なもので、
お家づくりをしていく中で、私一人の力ではないことを強く感じ、
お施主様、職人さん、施工に携わってもらった全ての皆様に感謝です。

これからもお施主様のたくさんの笑顔を、
携わった人達にも必ずお伝えして、この思いを励みに、今後のお家づくりに活かしていきたいと思います。