見せない
こんにちは、iKKAの小林です。

師走ですね。
あっという間に12月後半です。

今年も残りわずかですが、
再度、気を引き締めていきたいです。

そんな中、
先日、前々から気になっていた
建築を見にいってきました。
広大な大地。
正面にかすかに見えるもの。
大仏様の頭。
安藤忠雄氏によって設計された「頭大仏」です。

外から見えるのは頭だけ。
アプローチから135mの道のりを歩いて、
真下に来た人だけが仰ぎ見ることできます。

圧倒的なスケール感、迫力でした。
機会があれば、
ぜひ実物を見ていただきたいです。

見えないことを設計する。
見せないことでイメージを喚起する。
考えさせられる建築、ランドスケープでした。

お家づくりにどう活かせるか。
年末にゆっくり考えたいです。