手書き
こんにちは、iKKAの小林です。

だいぶ肌寒くなり、
自宅では早々に暖房を使い始めました。
すでに年末の気配がしてきている今日この頃です。

この時期になると年賀状を意識し始める人も多いのではないでしょうか。
今は年賀状もインターネットで簡単に印刷を頼めるようになりましたが、
手書きで一言気持ちを添えられるといいですよね。
少し前からハガキや手紙を書くときには万年筆を使うようになりました。
万年筆で書くと
背筋が自然と伸び、新鮮な気持ちで机に向かうことができます。

回りの人からは
日常生活でペンを持つことが全くなくなったということもお聞きします。

僕たちのお家づくりでは
間取りを考えるときや
お打合せで図面に描きこみをしたり、
大工さんとの打合せでスケッチをしたりと
まだまた手書きの場面が数多くあります。

手書きにはパソコンなどのデジタルにはない
違った良さがたくさんあるように感じています。


手を動かすと考えが整理させていきます。


図面を見返していると
打合せのときに
書いたり消したりした形跡から
そのときの想いや熱量を思い出すことができます。

そして
何より想いを伝えることができます。

年賀状を書きながら、
今年一年を振り返り、
来年に向けての想いを綴れればと思っています。