ARCHIVES
TAGS
一枚板
こんにちは。高田です。

先日、完成間近のお家にて
一枚板のダイニングテーブルの納品に立ち会わせて頂きました。

計画の段階からお施主さまが気になられていたもので、
最終決定の際には私も同行をさせて頂きました。

床の色やスチール階段、照明とのバランスを考えて決めたものです。

お家が完成し、
実際の空間に置かれた、一枚板を見ると
やはり『格好いい!』の一言でした。





一つの天板からは様々な思いが伝わってきますので、ずっと見ていられますね。

・自然の姿
・他にはない一点もの
・やさしさ
・存在感
・渋さ

納品して頂いた家具屋さん曰く、
戦国時代からある欅の木だとの事です。

天板の厚みもしっかりとありますので、
メンテナンスの際にプレーナー加工(表面を削る)をしたとしても
これから先もずっと使えるものと思います。

また、一緒に購入されたチェアも
一つの木から切り出されて形づくられているものですので、
継ぎ目がない=強度もしっかりとしています。

お家のお引渡しをさせて頂きましたが、
『ずっといい家』に寄り添う家具として
大切にして頂けるものと思います!

また、すっかりと寒くなってきましたので、
この大きな一枚板のテーブルでお友達とお鍋を楽しんでも良いですね。

羨ましいです!

一枚板は高いイメージをお持ちかもしれませんが、
最近では多くの家具屋さんでもコーナーを設けていたりもしますので、
一度声を掛けて頂ければ、ご相談させて頂きますね。

この一年は良い出会いがたくさんあり、多くのものを見させて頂きました。
ありがとうございました◎

今年も残りあとわずかです!
悔いの残らないよう頑張ります!





■施工事例や建築中のお家の施工日誌、土地情報を更新中です。

hp-icon.jpg iKKA HPはこちら>>

■暮らしが楽しくなるアイデアや、ご自宅で出来るメンテナンスなどをご紹介しています。
fb-icon.jpg iKKA Facebookはこちら>>

■iKKAでお家を建てられたOBさまの、日常のワンシーンをお伝えしています。
icon-insta.gif iKKA Instagramはこちら>>

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<「今年一年のこと」 | 地震から守る >>